控除について

  1. Q.私は長男を扶養親族とする給与所得者の扶養控除等申告書を提出して年末調整をし、妻は扶養親族を記さずに給与所得者の扶養控除等申告書を提出して年末調整をしています。今年は私が払った医療費が多額でしたので、私が長男を扶養親族より除く確定申告書を提出し、妻が長男を扶養親族に含める確定申告書を提出したいと考えています。そのような扶養控除の所属の変更は可能でしょうか?

    A.扶養親族を増やようとする者と減らそうとする者全て、すなわちこの場合は妻と夫が、その所属の変更を記した「確定申告書」を提出することによって、扶養親族の所属を変更することが可能です。2人以上の居住者の扶養親族に当たる者をどちらの居住者の…

  2. Q.法人について、雇用者数が増えた場合に法人税の税額控除を受けられる制度が存在するのでしょうか?

    A.平成23年4月1日より平成28年3月31日までに始まる青色申告法人の各事業年度において、当期末の…

  3. Q.税額控除には、主にどのようなものがありますか?

    A.課税所得金額に税率を乗じて算出した所得税額より一定の金額を控除する制度を、税額控除といいます。…

  4. Q.事業者が同業者団体に払うセミナーの会費は、消費税の課税仕入控除の対象となるのですか?

    A.同業者団体や組合等に払う会費や組合費等が課税仕入れに該当するか否かについては、その団体より受ける…

  5. Q.納税者が営む事業に、生計を一にする親族が従事している場合、納税者がそれらの親族に払う給与を必要経費とすることはできないのでしょうか?

    A.納税者が営む事業に、生計を一にしている配偶者その他の親族が従事している場合に、納税者がそれらの者…

  6. Q.建設工事の場合、建設仮勘定として経理した課税仕入れについて、工事の目的物全部の引渡しを受けた日の課税期間における課税仕入れとして処理することも認められているのですか?

  7. Q.相続税の計算時に、被相続人が残した債務を遺産総額より控除できるのですか?

  8. Q.建設業者が建設工事を請け負って工事を行う場合、未成工事支出金として経理した金額を、請負った目的物を引き渡した課税期間の課税仕入れとすることは、認められるでしょうか?

  9. Q.相続で財産を取得した場合において被相続人より相続開始前に財産の贈与を受けていたときには、その贈与された財産は相続税の課税価格に加算されるのですか?

  10. Q.仕入税額控除の適用を受けるためには、課税仕入れ等の事実を記した帳簿のみを保存しておけばいいですか?

ピックアップ記事

PAGE TOP