太陽光発電と会計

  1. Q.再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは、どのような制度ですか?

    A.固定価格買取制度は、経済産業省の設備認定を受けた事業者と電力会社が売買契約を締結した場合に、再生可能エネルギー(太陽光、地熱、中小水力、風力、バイオマス)で発電した電力を、電力会社に一定期間、固定価格で買い取ることを義務付けるものです。…

  2. Q.太陽光発電設備を取得した場合、国税に関しては環境関連投資促進税制、地方税に関しては固定資産税の減税の適用を受けられることがあるそうですが、適用を受けるためにはどのような設備である必要があるのでしょうか?

    A.適用を受けるには、次のような設備である必要があります。1.環境関連投資促進税制(グリーン投資…

  3. Q.太陽光発電のしくみは、どのようになっていますか?

    A.太陽光発電は、ソーラーパネルが太陽光に照射されて得られる光エネルギーを電気エネルギーに変換するこ…

  4. Q.太陽光発電設備を取得した場合における税制上のメリットを教えてください。

    A.一定の条件に当てはまる太陽光発電設備を取得した場合、国税に関しては環境関連投資促進税制、地方税に…

  5. Q.個人が太陽光発電を設置した場合における余剰電力の売電収入に係る課税関係を教えてください。

    A.太陽光発電設備を設置した状況によって、次のような取扱いがなされます。1.店舗兼自宅に設置した…

  6. Q.太陽光発電の設置について、補助金制度は存在するでしょうか?

  7. Q.太陽光発電設備を用いて売電収入を得ている場合における法人事業税の取扱いを教えてください。

  8. Q.太陽光発電設備より発生する売電収入に係る消費税の取扱いを教えてください。

  9. Q.環境関連投資促進税制においては、青色申告書を提出する個人や法人が適用期間内に対象設備を取得した場合に一定の条件に当てはまるとき、その事業用に用いた事業年度において取得価額の30%の特別償却(一定の条件に当てはまる太陽光発電設備については即時償却)が可能であり、中小企業者等は取得価額の7%の税額控除(当期の法人税額の20%が上限です)も可能であることから、特別償却との選択適用が認められているそうです。特別償却と税額控除を比較すると、有利なのはどちらでしょうか?

  10. Q.環境関連投資促進税制(グリーン投資減税)の適用を受ける場合の注意事項を教えてください。

ピックアップ記事

PAGE TOP