新会社法を確認する

  1. Q.会社が合資会社や合名会社の無限責任社員となることはできますか?

    A.旧商法においては会社が合資会社や合名会社の無限責任社員になることは不可能でしたが、会社法においてはそのことが可能とされています。 なお、業務を執行する権限を持つ社員を業務執行社員と呼びますが、会社が業務執行社員になる場合、その会社は自…

  2. Q.株主総会の決議には、どのようなものがありますか?

    A.株主総会の決議として、普通決議のほかに、特別決議と特殊決議が存在します。会社法における各々の決議…

  3. Q.準備金として積み立てなければならない額について教えてください。

    A.旧商法においては、株式会社は資本準備金と利益準備金の合計額が資本金の4分の1に達するまで、利益処…

  4. Q.会社法においては、日割配当をすることができないのですか?

    A.会社法ができる前は、実務で、新株の配当につき、日割計算がしばしば行われていました。すなわち、新株…

  5. Q.会社法の下では、株式会社は株券を発行しないのが原則になっているのですか?

    A.旧商法においては、原則として、株式会社は株券を発行することとされていました。ただし、定款に定め、…

  6. Q.合同会社というのは、どのような会社なのでしょうか?

  7. Q.資本金・準備金・剰余金の増減は、どのように決めるのでしょうか?

  8. Q.会計監査人の氏名は登記事項であり、会計監査人の会社に対する責任については株主代表訴訟の対象となるのですか?

  9. Q.新株の発行時に資本金に組み入れられる額は、株式の発行価額なのですか?

  10. Q.議決権に関する基準日後に株主となった人は、株主総会で議決権を行使できないのでしょうか?

ピックアップ記事

PAGE TOP