新会社法を確認する

  1. Q.会社設立や新株発行の場合、払込みがあったことの証明手段として、払込金保管証明書が必要でしょうか?

    A.旧商法の下では、会社を設立したり、新株を発行したりする場合は、金銭の払込みがあったことを証明するために、払込取扱機関に、払込金保管証明書を発行してもらわなければなりませんでした。それゆえ、金融機関における取扱いにある程度の時間を要したり…

  2. Q.会社法においては、単元未満株主の権利を制限することが認められているのですか?

    A.株式会社は、定款によって、一定数の株式をもって1単元の株式として、1単元の株式につき1個の議決権…

  3. Q.会社法においては、会社法ができる前より相互保有株式の範囲が広くなったのですか?

    A.旧商法の下では、例えば株式会社A社により総株主・総社員の議決権の4分の1超を保有されている株式会…

  4. Q.持分会社と株式会社の間で、組織変更を行うことはできますか?

    A.旧商法においては、合名会社と合資会社の間における組織変更は可能であるものの、合資会社と株式会社の…

  5. Q.支配関係にある会社間での組織再編につき、被支配会社での株主総会決議は不要とされているのですか?

    A.会社法の下では、特別な支配関係のある会社(特別支配会社)が、株式交換や吸収分割、吸収合併をする場…

  6. Q.類似商号禁止規定の廃止によって、同一住所に既に登記されている他の会社の同一商号を登記することはできるようになったのでしょうか?

  7. Q.株式会社が自己株式以外の株式を消却することはできますか?

  8. Q.会社法においては、会社法ができる前より子会社の範囲が広くなったのですか?

  9. Q.どのようにすれば、持分会社の類型内で会社の種類を変えることができますか?

  10. Q.三角株式交換や三角合併について教えてください。

ピックアップ記事

PAGE TOP