消費税

Q.国内取引について、課税資産の引渡しや役務の提供を行う前に前受金を受け取る場合に、消費税の納税義務が成立するのはその前受金を受け取るときですか?

A.国内取引について、課税資産の引渡しや役務の提供を行う前に前受金を受け取る場合に、消費税の納税義務が成立するのは、その前受金を受け取るときではなく、実際に課税資産の引渡しや役務の提供を行ったときです。

国内取引について、消費税の納税義務が成立するのは、課税資産の譲渡、課税資産の貸付け及び役務の提供(以下「課税資産の譲渡等」といいます)を行ったときとされています。この課税資産の譲渡等の時期は、原則として、その取引の態様に応じた資産の引渡しのとき又は役務の提供のときです。
課税資産の引渡しや役務の提供を行う前に前受金を受け取る場合には、その前受金を受け取るときではなく、実際に課税資産の引渡しや役務の提供を行ったときが課税資産の譲渡等を行ったときということになり、このときに消費税の納税義務が成立します。
また、未収金があるときについても、その代金の決済の時期にかかわらず、課税資産の引渡しや役務の提供を行ったときが課税資産の譲渡等を行ったときということになり、このときに消費税の納税義務が成立します。
ただし、青色申告者で所得税法における現金主義の適用を受けている小規模事業者については、対価を受け取った日を消費税の納税義務の成立日とすることが可能です。

関連記事

  1. Q.消費税の税率を教えてください。
  2. Q.輸入する貨物に消費税が課されるのは、いかなるときでしょうか?…
  3. Q.消費税には免税点が定められているのでしょうか?
  4. Q.共同企業体について、消費税の納税義務を負う者を教えてください…
  5. Q.国内取引のうちで役務の提供を行った場合に、消費税の納税義務が…
  6. Q.国内取引について、消費税の納税義務が成立するのはいつですか?…
  7. Q.消費税の課税対象となる取引のうち、国内で事業者が事業として対…
  8. Q.消費税のしくみについて、その概要を教えてください。

ピックアップ記事

PAGE TOP