消費税

Q.国内で事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、資産の貸付け、役務の提供は消費税の課税対象とされるそうですが、このほかにどのような取引が課税対象とされているのでしょうか?

A.国内で事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、資産の貸付け、役務の提供のほかに、外国貨物の輸入が消費税の課税対象とされています。
 この「外国貨物の輸入」について、課税対象とされるのは保税地域(輸出入手続き等を行う特定の場所のことです)より引き取られる外国貨物であり、消費税の納税義務者は外国貨物を保税地域より引き取る者ですので事業者のみならず一般消費者も該当します。

 ちなみに、国内で事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、資産の貸付け、役務の提供については、法人及び個人事業者が消費税の納税義務者です。

関連記事

  1. Q.国内取引に関していつ消費税の納税義務が成立するのかを教えてく…
  2. Q.消費税の納付税額はどのように算出するのですか?
  3. Q.国内取引のうちで役務の提供を行った場合に、消費税の納税義務が…
  4. Q.消費税には免税点が定められているのでしょうか?
  5. Q.国内取引について、課税資産の引渡しや役務の提供を行う前に前受…
  6. Q.消費税のしくみについて、その概要を教えてください。
  7. Q.法人や個人事業者に係る消費税について、課税期間の原則を教えて…
  8. Q.国内取引について、消費税の納税義務が成立するのはいつですか?…

ピックアップ記事

PAGE TOP