消費税

Q.輸入する貨物に消費税が課されるのは、いかなるときでしょうか?

A.輸入する貨物に消費税が課されるのは、その貨物を保税地域より引き取るときです。

 なお、輸入する貨物に関して消費税の納税義務を負うのは、その貨物を保税地域より引き取る者です。この貨物を保税地域より引き取る者というのは、輸入申告者のことです。それゆえ、通関業務を他に委託して輸入貨物の引取りを行うのなら、その通関業者ではなく通関業務を委託した者が納税義務を負います。
 また、輸入する貨物を保税地域より引き取る際には、消費税のほかに地方消費税も税関長に対して納めなければなりません。

関連記事

  1. Q.消費税には免税点が定められているのでしょうか?
  2. Q.国内取引について、消費税の納税義務者を教えてください。
  3. Q.国内取引について、消費税の納税義務が成立するのはいつですか?…
  4. Q.国内取引のうちで役務の提供を行った場合に、消費税の納税義務が…
  5. Q.消費税の納付税額はどのように算出するのですか?
  6. Q.法人や個人事業者に係る消費税について、課税期間の原則を教えて…
  7. Q.消費税の課税対象となる取引のうち、国内で事業者が事業として対…
  8. Q.中小事業者に対する消費税の特例について、教えてください。

ピックアップ記事

PAGE TOP