消費税

Q.消費税の納付税額はどのように算出するのですか?

A.消費税の納付税額は、課税期間ごとに、売上げに対する税額より、仕入れに含まれる税額及び保税地域からの引取りに係る税額を合算した額を控除して算出します。

ちなみに、消費税は、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、資産の貸付け及び役務の提供のほかに、外国貨物の輸入が課税対象になっていて、納税義務者は、国内取引については法人及び個人事業者、輸入取引については保税地域より外国貨物を引き取る者とされています。
また、消費税の税率は、平成26年4月1日より6.3%となっています。そして、消費税のほかに地方消費税が1.7%課税されますので、これらを合算した税率は8%です。平成27年10月1日より、消費税率7.8%、地方消費税率2.2%の合計10%に税率が引き上げられることになっています。ただし、経済財政状況の激変にも柔軟に対応するために、税率引上げの前に、総合的に経済状況等を考慮し、引上げ停止も含む必要な措置が講じられる予定です。

関連記事

  1. Q.国内で事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、資産の貸付…
  2. Q.国内取引について、消費税の納税義務が成立するのはいつですか?…
  3. Q.中小事業者に対する消費税の特例について、教えてください。
  4. Q.消費税には免税点が定められているのでしょうか?
  5. Q.国内取引のうちで役務の提供を行った場合に、消費税の納税義務が…
  6. Q.国内取引に関していつ消費税の納税義務が成立するのかを教えてく…
  7. Q.事業者が消費税を納付するのはいつですか?
  8. Q.輸入する貨物に消費税が課されるのは、いかなるときでしょうか?…

ピックアップ記事

PAGE TOP