新会社法を確認する

Q.会社法の下では、会社分割というのは物的分割を意味するのですか?

A.旧商法においては、会社分割には、物的分割と人的分割がありました。すなわち、会社分割に当たって承継(設立)会社が発行する株式の割当を、分割会社が受ける場合は物的分割、分割会社の株主が受ける場合は人的分割であるとされていました。
 一方、会社法においては、この種類分けがなくなって、物的分割+剰余金の配当=人的分割という構成になっています。すなわち、分割会社は、いったん承継(設立)会社より株式の割当を受け、株主にその株式を現物配当したという考え方をするのです。
 なお、剰余金の配当には、通常、財源規制がありますが、配当財産が「承継(新設)会社の株式」である場合は、例外として、財源規制がありません。

関連記事

  1. Q.株式の消却や株式併合によって発行済株式総数が減った場合にも、…
  2. Q.貸借対照表における純資産の部の構成内容を教えてください。
  3. Q.会社法において、株式会社の機関設計が自由化されたのですか?
  4. Q.種類株式には、どのようなものがありますか?
  5. Q.類似商号禁止規定の廃止によって、同一住所に既に登記されている…
  6. Q.会社法ができたことにより、同法ができる前から存在する会社が、…
  7. Q.株式交換や株式移転による完全親会社の資本の増加限度額について…
  8. Q.会社が新株予約権を発行した後に、その新株予約権を取得できるの…

ピックアップ記事

PAGE TOP