新会社法を確認する

Q.いかなる機関で募集株式の発行を決定するべきなのでしょうか?

A.会社法においては、新株の発行と自己株式の処分を併せて、募集株式の発行等として規定されました。普通株式については、割当方法が株主割当か第三者割当か、発行価額が有利発行かどうか、その会社が公開会社かどうかによって、募集株式の発行を決定すべき機関が違ってきます。

1.株主割当
 公開会社では取締役会の決議、非公開会社では株主総会の特別決議で、募集株式の発行が決定されます。ただし、非公開会社については、取締役会設置会社なら取締役会、取締役会非設置会社なら取締役に定款によって委任することができます。

2.第三者割当
 公開会社では、取締役会の決議で募集株式の発行が決定されますが、有利発行については原則として株主総会の特別決議が必要とされます。
 非公開会社では、原則として株主総会の特別決議が必要とされます。

関連記事

  1. Q.債権者保護手続を要する株式交換や株式移転について教えてくださ…
  2. Q.会社法においては、会社法ができる前より相互保有株式の範囲が広…
  3. Q.どのようにすれば、持分会社の類型内で会社の種類を変えることが…
  4. Q.会社法の下では、会社分割というのは物的分割を意味するのですか…
  5. Q.持分会社と株式会社の間で、組織変更を行うことはできますか?
  6. Q.会社が合資会社や合名会社の無限責任社員となることはできますか…
  7. Q.株式会社や各持分会社間で、合併や会社分割を行うことはできるで…
  8. Q.会社法施行前から存在する有限会社は、会社法の下ではどのように…

ピックアップ記事

PAGE TOP