新会社法を確認する

Q.会社法ができてから、会社の清算手続が簡素化されたのですか?

A.会社法ができる前は会社の清算手続は裁判所の監督に服するものとされていましたが、会社法の下では精算手続への裁判所の関与のあり方が見直されて、この定めがなくなりました。
 その結果として、解散の事由・年月日や精算人の氏名・住所の裁判所への届出、財産目録・貸借対照表の裁判所への提出が不要となりました。
 また、精算人は、債権者に対して、一定の期間内に債権の申出を行うよう、官報によって公告する必要があります。旧商法においてはこの債権申出の公告を3回以上行うこととされていましたが、会社法においてはこの公告を1回行えばいいことになっています。
 そして、精算中の会社の決算公告は、新会社法においては不要となりました。また、精算結了後の重要な資料については、精算結了時における精算人が保存の義務しなければならないのが原則です。なお、会社法ができる前の「利害関係人から裁判所への資料保存者の選任請求」は、精算人がいなくなった場合等にすることとなりました。

関連記事

  1. Q.会社法においては、新株発行の際、払込期日に代えて、払込期間を…
  2. Q.株式交換や株式移転による完全親会社の資本の増加限度額について…
  3. Q.会社が合資会社や合名会社の無限責任社員となることはできますか…
  4. Q.持分会社と株式会社の間で、組織変更を行うことはできますか?
  5. Q.いかなる場合に、株主代表訴訟を提起できないのですか?
  6. Q.準備金として積み立てなければならない額について教えてください…
  7. Q.貸借対照表における純資産の部の構成内容を教えてください。
  8. Q.種類株式には、どのようなものがありますか?

ピックアップ記事

PAGE TOP