新会社法を確認する

Q.会社設立や新株発行の場合、払込みがあったことの証明手段として、払込金保管証明書が必要でしょうか?

A.旧商法の下では、会社を設立したり、新株を発行したりする場合は、金銭の払込みがあったことを証明するために、払込取扱機関に、払込金保管証明書を発行してもらわなければなりませんでした。それゆえ、金融機関における取扱いにある程度の時間を要したり、設立日まで払い込まれた金銭を用いることが不可能であったりするといった不都合がありました。
 したがって、会社法においては、発起設立や新株発行の場合には、払込みがあったことを証明する手段は、取扱金融機関の残高証明等で足りることとされました。ただし、募集設立の場合は、株式引受人保護の観点から発起設立と比較して厳格な手続が要求されますので、それまで通りに、払込金保管証明書が必要となります。

関連記事

  1. Q.支配関係にある会社間での組織再編につき、被支配会社での株主総…
  2. Q.会社法施行前から存在する有限会社は、会社法の下ではどのように…
  3. Q.貸借対照表における純資産の部の構成内容を教えてください。
  4. Q.会社法ができてから、会社の清算手続が簡素化されたのですか?
  5. Q.会社法における株式会社の取締役の任期について教えてください。…
  6. Q.議決権に関する基準日後に株主となった人は、株主総会で議決権を…
  7. Q.株式の消却や株式併合によって発行済株式総数が減った場合にも、…
  8. Q.会社法においては、会社法ができる前より子会社の範囲が広くなっ…

ピックアップ記事

PAGE TOP