新会社法を確認する

Q.会社設立や新株発行の場合、払込みがあったことの証明手段として、払込金保管証明書が必要でしょうか?

A.旧商法の下では、会社を設立したり、新株を発行したりする場合は、金銭の払込みがあったことを証明するために、払込取扱機関に、払込金保管証明書を発行してもらわなければなりませんでした。それゆえ、金融機関における取扱いにある程度の時間を要したり、設立日まで払い込まれた金銭を用いることが不可能であったりするといった不都合がありました。
 したがって、会社法においては、発起設立や新株発行の場合には、払込みがあったことを証明する手段は、取扱金融機関の残高証明等で足りることとされました。ただし、募集設立の場合は、株式引受人保護の観点から発起設立と比較して厳格な手続が要求されますので、それまで通りに、払込金保管証明書が必要となります。

関連記事

  1. Q.会社法の下では、検査役の調査なしにDESができるようになった…
  2. Q.会社法における会社の種類を教えてください。
  3. Q.会社法ができたことにより、同法ができる前から存在する会社が、…
  4. Q.類似商号禁止規定の廃止によって、同一住所に既に登記されている…
  5. Q.株主総会の決議には、どのようなものがありますか?
  6. Q.いかなる場合に、株主代表訴訟を提起できないのですか?
  7. Q.自己株式については、権利が制限されているのでしょうか?
  8. Q.支配関係にある会社間での組織再編につき、被支配会社での株主総…

ピックアップ記事

PAGE TOP