新会社法を確認する

Q.株式会社が自己株式以外の株式を消却することはできますか?

A.株式の消却というのは、株式会社が、発行した株式を消滅させることです。株式の消却をした場合には、消却した分だけ発行済株式総数が減ります。
 会社法においては、株式の消却は、自己株式の消却に限られることになっています。それゆえ、株式会社が自己株式以外の株式を消却する場合は、一度、消却する株式を自己株式として取得し、その後に、その取得した自己株式を消却することになります。すなわち、自己株式の取得、自己株式の消却という二つの段階を経るわけです。

関連記事

  1. Q.株式会社以外の会社であっても、社債を発行することができるので…
  2. Q.会社法では、組織再編の対価が柔軟化されたのでしょうか?
  3. Q.類似商号禁止規定の廃止によって、同一住所に既に登記されている…
  4. Q.どのようにすれば、持分会社の類型内で会社の種類を変えることが…
  5. Q.準備金として積み立てなければならない額について教えてください…
  6. Q.会社法においては、日割配当をすることができないのですか?
  7. Q.議決権に関する基準日後に株主となった人は、株主総会で議決権を…
  8. Q.会社法においては、単元未満株主の権利を制限することが認められ…

ピックアップ記事

PAGE TOP