相続贈与

なぜ、自社株の評価額について、把握する必要があるのでしょうか?

<解答>
 未上場会社のオーナーさんが、自社株の評価額を把握していないこともあり、相続に際しまして後継者が納税資金の確保が不可能になってしまい、『相続税破産』などという状況になってしまえば、相続人に対する影響だけではなく、会社従業員にも影響が及んでしまうことになります。
 自社株を承継する場合につきましては、少なからず税負担を伴うことになってしまいます。
 現在の自社株の評価額を把握しまして、後継者にスムーズに移転する方法を練っていくことが重要となります。

(1) 自社株は今いくらになっているのか。
 ご自分の所有する株式が現在いくらになっているのかを確認すべきでしょう。
 また、自社株の評価額だけではなく、その評価方法につきましても、理解を深めておくことが重要となります。

(2) 自社株の評価を引き下げるためには、どうすればいいのでしょうか。
 評価を通じまして会社の状況を把握しまして、それによって株価を引き下げる対策を練っていくことになります。ただし、対策の前提としましては、会社経営に影響の少ないものを選択することになります。

関連記事

  1. 相続税の税務調査については、いつ頃行われることになるのでしょうか…
  2. 私の家は、昔から代々続く地主であり、父が所有している財産に占めて…
  3. オーナーに退職金を支給することに対してのメリットは存在しているの…

ピックアップ記事

PAGE TOP